平成12年12月9日コース:発心門〜湯の峰〜本宮時間:4時間

メンバーは、40才代・2名、30才代・3名、20才代・1名、計女性6名。

                  
午前9時20分頃発心門王子へ。
ちょっと遅めの紅葉が、発心門王子を覆っていて、とても綺麗でした。本宮町は植林の山が多いので、まとまった紅葉は望めませんが、こんな風にワンポイント紅葉はちょっといいですよ。

発心門王子の紅葉

発心門王子
古い文献では、熊野古道に王子の数は86あったといわれています。その中でも発心門王子は、五体王子に数えられています。
皇太子殿下行啓の地という石碑などあります。
石碑近くに小さい鳥居あり。見つけてくださいね。
                  
発心門王子前のトイレの脇を通って、まずは船玉神社へ。趣のある小さい神社です。

船玉神社
                 
2分ほど歩くと、「あら〜こんなところに」と
思うような開けた公園が。春は桜が綺麗です。ここにもトイレあり。
この公園のトイレの脇を山に向かっていざ山道へ。

公園前を流れる川



さてさて、ここからは、古道散策初心者の私は心臓バクバクの上り坂(30分ほど)。
ほっと一息、平坦な道に入ってしばらくすると左手になべわり地蔵が。この道なりには、
ヤッホーポイントなるものがいくつか存在。思い切ってヤッホーと叫んでみましょう(^^ゞ。
そして、柿原宿跡へ。「えーこんなところに住んでたの?」ってかんじのところでした(^^ゞ。
その後、一路下り、湯の峰王子へ。以上が、赤木越え。湯の峰近くなると、
ほんのりと温泉のにおいが。ほっとしますね。


湯の峰王子

湯の峰地区の、東光寺横の湯胸茶屋で一服。みんな、ぜんざいやあんつ、
めはり、おにぎりを食べて、40分ほど休憩。ここで解散かな〜なんて甘いことを
思っていると、「さ、行くで」・・・・・・。またもや心臓バクバクの上り坂へチャレンジ(T_T)。
ここからが大日越え。1時間ほどの行程のうち半分が上り坂。一番上に、大日如来を
おまつりしてるお堂がありますが見えません。その横が、月見が丘神社。ここを越えると、、
やっと下り坂。30分ほどで、本宮のJRバス乗り場前に出ます。
(*現在はJRバスはありません。竜神バス、明光バス、奈良交通をご利用ください)