水呑王子

もと小学校分校の敷地であったところに緑泥片岩の石碑が
立っている。いくつかの古い記録をたどると、もともとは内水
飲としるされている。江戸時代の初めに現在の水呑となった
ようである。