伏拝王子

石碑にある歴史の道とは、
熊野古道、奥の細道、中山道です。
平安時代の女流歌人、和泉式部が伏し拝んだという
言い伝えがあり、供養塔といわれる笠塔婆がある。

*和泉式部の言い伝え
和泉式部が熊野詣で伏拝に差し掛かったとき、にわかに月の障りとなったため、参拝が出来ないと思い歌を読みました。
「晴れやらぬ 身のうき雲のたなびきて 月のさはりとなるど かなしき」
その夜、熊野権現が夢に現れ、
「もろともに 塵にまじわる神なれば 月の障りも なにかくるしき」
とお告げがあり、式部は参拝することができました。
この言い伝えは、一遍上人の聖たちが、熊野権現は「信・不信を問わず、貴賎を問わず、女人の不浄を嫌わない」ということを和泉式部を題材に物語としたものです。


伏拝王子前に新しいトイレと休憩所ができました。どうぞご利用ください。